都留市 にしの整骨院 整体 骨盤矯正 脊椎矯正 交通事故 むち打ち 腰痛 肩凝り 膝の痛み 頭痛 顎関節 手足の痛み しびれ スポーツ障害 バランス 身体能力アップ
にしの整骨院
都留市 にしの整骨院 整体 骨盤矯正 脊椎矯正 交通事故 むち打ち 腰痛 肩凝り 膝の痛み 頭痛 顎関節 手足の痛み しびれ スポーツ障害 バランス 身体能力アップ
にしの整骨院 > コンテンツ > スポーツで怪我をした時の応急処置について

スポーツで怪我をした時の応急処置について

スポーツ外傷やスポーツ障害は放置してしまうと、復帰するまでにかかる時間がより長くなってしまう可能性があります。万が一怪我をしてしまった時は、応急処置が早期復帰へ繋がるポイントとなります。

スポーツで怪我をした時の応急処置の1つである「RICE処置」は、安静(Rest)、冷却(Ice)、圧迫(Compression)、拳上(Compression)の、基本となる4つの処置の頭文字から出来ています。
スポーツをしている方は、万が一の怪我に備えてRICE処置に関する知識を身につけておきましょう。

Rest(安静)

怪我をしているにも関わらず身体を動かしてしまうと、血管や神経を損傷してしまう危険があります。症状を悪化させないためにも、安静にすることを優先にしましょう。タオルやテープがある場合は固定し、患部に負担がかからないような体勢で休むと良いでしょう。

Ice(冷却)

患部を冷やすアイシングには、痛みを軽減させることや、炎症や内出血を抑える目的があります。アイシングする時は氷で同じ位置を長時間冷やし続けると凍傷を招いてしまう可能性があるので、直接当てずに20分を目安にして冷やすことが大切なポイントになります。

Compression(圧迫)

患部を圧迫することで、腫れを防ぐことが出来ます。圧迫しすぎてしまうと症状が悪化してしまう可能性があるので、皮膚・爪の色や感覚をこまめにチェックしておきましょう。
テーピングだけでなく、伸縮性のある包帯を使うと便利です。

Compression(拳上)

拳上は上記の圧迫と同様、腫れを防ぐ目的があります。患部を心臓より高い位置に移動させることによって、血液の流れがスムーズになります。手足など拳上出来る場合は、様子を見て数日行うと良いでしょう。クッションやマットを使うと上手く高さをだすことが出来ます。

整骨院で施術を受ける前にもこのRICE処置を行っておくことで、復帰までの時間を更に短縮することが出来る可能性があります。
山梨県都留市にある当院は、チャクラバランス整体という独自の方法でエネルギーバランスを整えているため、スポーツによる痛み、腰痛、膝痛、手足のしびれなど、様々な痛みや不調に対応している整骨院です。

都留市にお住まいの方だけでなく、大月市、富士吉田市、富士河口湖市、甲府市にお住まいの方や他県にお住まいの方にもご利用頂いています。スポーツ時の怪我に対応している整骨院をお探しの方や、身体の痛みに悩まされているという方は、お気軽に当院までご相談下さい。