都留市 にしの整骨院 整体 骨盤矯正 脊椎矯正 交通事故 むち打ち 腰痛 肩凝り 膝の痛み 頭痛 顎関節 手足の痛み しびれ スポーツ障害 バランス 身体能力アップ
にしの整骨院
都留市 にしの整骨院 整体 骨盤矯正 脊椎矯正 交通事故 むち打ち 腰痛 肩凝り 膝の痛み 頭痛 顎関節 手足の痛み しびれ スポーツ障害 バランス 身体能力アップ
にしの整骨院 > コンテンツ > ぎっくり腰を引き起こしてしまう要因

ぎっくり腰を引き起こしてしまう要因

 

日常生活を送っていると仕事や家事などで腰痛を引き起こしてしまう場合があります。腰痛の中でもぎっくり腰はくせになりやすく、普段の生活習慣に深く関わってきます。ぎっくり腰を引き起こしてしまう要因は下記の通りです。

ぎっくり腰の要因
ぎっくり腰は急性腰痛や椎間捻挫とも呼ばれ、様々な要因が絡み合って腰を痛めてしまう原因につながります。その要因には筋肉の慢性的な疲労、骨格の歪みによるアンバランスな姿勢が続く、急激な動きの切り替えによる腰への負担などが挙げられます。

その中でも当院では、骨格がアンバランスな状態となり、チャクラによってコントロールされているエネルギーの流れに異常が起こることが痛みの根本の原因と考えております。

ぎっくり腰を引き起こしやすい方の特徴

ぎっくり腰を引き起こしやすい方の特徴のひとつにサイズが小さい服をよく着ることが挙げられます。サイズが小さい服を着ることが多いと血流の巡りが悪くなります。身体を締め付けてしまい血行に影響を及ぼすため、ぎっくり腰になる可能性を高めてしまうのです。

また、ハイヒールをよく履く方も注意する必要があります。ハイヒールは姿勢のバランスを崩しやすく腰への負担が大きくなります。無理な姿勢が続くと血流を悪くしてしまうので、ハイヒールも控えるようにしましょう。

これら以外にも、腰に手を当てると手の温かさを感じる方もぎっくり腰を引き起こしてしまう可能性があります。腰部分が冷えていることにより、手の温もりを感じてしまっているためです。

ぎっくり腰に影響する生活習慣
日常の生活習慣はぎっくり腰に影響します。注意が必要な方には身体が固い、猫背や前傾姿勢が続くことある、横向きで眠ることが多い、歩く習慣が少ない、事務系の仕事でデスクワークが多いなどが挙げられます。

こうしたものは血行の巡りに影響があるだけでなく骨の歪みも影響してきます。ぎっくり腰の直接的な原因にはなりませんが、間接的に考えられるので注意しましょう。

当院は山梨県都留市に所在しており、エネルギーの流れを整えて自然治癒力を引き出す施術を行っている整骨院です。都留市だけでなく大月市や富士吉田市・甲府市・富士河口湖にお住まいの方も来院されております。当院ではチャクラバランス整体によって、腰の不調や痛みを和らげるのが強みです。都留市周辺にお住まいの方で整骨院をお探しなら当院をお選び下さい。